www.koreantree.com

保育士の体調管理の重要性

保育士というのは自分の体調管理がとても大切な仕事だと思います。保育士は子供を預かり保育するのが仕事です。そしてその子供というのは0歳〜6歳の子供で、その年齢の子供というのは体調を崩しやすいのです。私のよく見ているサイト→保育士になるにはをクリック。

 

特に冬場はインフルエンザや嘔吐下痢といった病気が毎年流行します。そのような病気になってしまった子供は欠席するのですが、感染後、発症するまでの潜伏期間は普通に保育園で活動しています。突然発症したときに保育園で他の子供に感染させてしまい、流行へと繋がります。
保育士は保育園で体調を崩した子供の親が迎えに来るまで面倒を見たり、吐いたものの片づけをしたりしなければなりません。つまり、直接ウイルスに触れる機会がたくさんあるのです。潜伏期間の子供を抱っこしたりすることもあります。知りたいことはここ→保育士を見て。

 

そのような、いつ感染してもおかしくない状況の中でも自分は病気になるわけには行きません。保育士はみんな手洗いやうがいをしっかりやるようにしています。インフルエンザの予防接種は当然受けています。そして、自分から子供に病気を感染させてしまうこともないように、病気を保育園に持ち込まないようにもしているのです。